2012年6月8日金曜日

永遠の0 - 百田尚樹

物語の軸となる主要人物の宮部久蔵への人としての優しさに泣き、

戦争中の変わっていくの軍人たちの心情に泣き、

衝撃的で偶然的な運命の巡り合わせに泣く。

過去から現在へ現在から過去へ、様々な不思議な出来事の全ては繋がっていく。

素晴らしい作品。
素晴らしいという言葉をもってしても、
足りない。

これは世界が知るべき本だ。





このブログを通してこの本を知って読んでくれる人がいたのなら、
俺はとても嬉しいし、
ブログをやっていて良かったと思える。

それから、この本を貸してくれた友人に感謝だ。ありがとう。

これ貼ったらアマゾンの「永遠の0 - 百田尚樹」購入するところへ飛べるかな?
http://www.amazon.co.jp/%E6%B0%B8%E9%81%A0%E3%81%AE0-%E3%82%BC%E3%83%AD-%E7%99%BE%E7%94%B0-%E5%B0%9A%E6%A8%B9/dp/4778310268


ちなみにこの百田尚樹が気にいってしまったので、早速、「風の中のマリア」をゲット。
読んで気にいればこのブログでアップすることにする。